鉄骨ブレース工法とは

鉄骨ブレース工法の仕組み

当社の鉄骨ブレース工法は、下図のような仕組みになっています。(共同住宅の例)

柱とブレース(筋交い)を組み込んだ耐力壁パネルと、床荷重を支える強力な梁とを、交互に積み重ねボルトで固定していきます。
低層住宅向けに特化した構造で、水平・垂直方向にバランスよく配置されたブレースが、大地震の揺れから大切な建物を守ります。
耐力壁パネル等の主要材料は、一定の管理のもと工場生産されており、精度の向上や工期短縮に貢献しています。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

建築事業部

03-5857-3207

受付時間9時~17時
※土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く

WEBからのお問い合わせ

お見積り依頼やご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせからの流れ

お問い合わせをいただいてから、完成までの流れをご覧いただけます。